「Elephone S7(X25)」デュアルエッジスクリーン採用でスタイリッシュ!デカコア搭載のハイスペックスマートフォン 開封レビュー

2017/05/22 09:32
「Elephone S7」はデカコア(10コア)搭載のハイスペックスマートフォンで、液晶はJDI製の1920x1080ピクセルのフルHD解像度。カメラもリア1.3MPにフロント5.0MP、メモリ4GBにストレージも64GBと十分満足のできる性能で、さらにGalaxyライクな指紋認証付きのホームボタンも備えています。 最大の特徴となるのが、こちらもGalaxyライクなデュアルエッジスクリーンで、似たデザインが多い他のSIMフリースマートフォンとは一線を画すデザインが魅..

続きを読む

「UMiDIGI CRYSTAL」の発売が迫る!驚異のベゼルレス+ハイスペックなのに低価格

2017/05/20 06:03
低価格だけどデザインの良い端末を販売しているUMiから、2017年の中華スマートフォンの本命とも言える端末が近々登場しそうです! iPhone8がGalaxyみたいにエッジスクリーンかベゼルレスになると噂されていますが、中華スマートフォンではその流れを先取りするかのように「Xiaomi Mi MIX」が発売。さらに「DOOGEE MIX」が発表されたり、Elephoneの次期機種の噂も登っています。 そんな中、UMiから3辺がベゼルレスになった「UMi..

続きを読む

2017年版 Android搭載スマートウォッチの比較&オススメ

2017/04/27 14:59
2016年は実用的なスペックと洗練されたデザインのラウンド型Androidスマートウォッチが大量投入された年でした。 AndroidWear一辺倒の大手メーカーと違って、中華スマートウォッチはAndroidそのものを搭載しているのが特徴で、小型ガジェット好きには堪らない逸品ばかりです。 ここ最近のAndroidスマートウォッチの流れをおさらいすると、2015年はメモリ512MB・ストレージ4GBで240x240ピクセルくらいのスクエア型液晶が主流でした。2016年には..

続きを読む

2017年コレは欲しい!&気になるガジェット特選まとめ

2017/02/12 08:41
2016年の中華ガジェットを振り返ってみると、製品の完成度が高くなってきたという印象が強いです。 初期~2014年頃までは壊れやすかったり、電池が持たなかったり、ハウジングに問題があったりという欠点が目立っていましたが、最近の有名中華メーカーの製品はタブレットの場合、ASUSやAcerのような大手メーカーのものに迫る勢いで良くなってきておりますし、特にスマートフォンに関しては、サムスンやソニーといった一流メーカーをも凌ぐ完成度の高さのものも出てきております。 品質..

続きを読む

「OUKITEL U13」金属筐体にフルHD液晶と指紋認証!さらにメモリ3GB ストレージ64GBというコスパ最高のスマートフォン 開封レビュー

2017/01/28 01:08
「OUKITEL U13」は質感の良い金属筐体に、5.5インチ1920x1080ピクセルのフルHD液晶、オクタコアCPU(MTK6753)を搭載し、メモリが3GBにストレージが大容量の64GBとミドルレンジの中でもハイスペックなモデルです。 他にも光学手ブレ補正付きの1600万画素カメラと指紋認証や赤外線ポートなども搭載しながら1万円台と大変コストパフォーマンスに優れた端末となっております。 GearBest提供レビュー第3弾 年末に購入した「LeT..

続きを読む

もっと見る