「OUKITEL U7 Pro」 iPhoneそっくりの激安スマートフォン開封レビュー

最近は大容量バッテリーを搭載した「OUKITEL K10000」など面白い端末をリリースしているOUKITELの「OUKITEL U7 Pro」です。スペックは5.5インチHD液晶にクアッドコアCPU、メモリ1GBにストレージ8GBという、このクラスの基本的な構成。

特徴はラウンドエッジガラスや白・黒・金のカラーリングなどiPhoneに似せてきたデザインでしょう。

OUKITEL-U7-Pro-02.jpg


5.5インチの大き目の液晶からぱっと見「iPhone6 Plus」に似ていますが、内容的にはむしろ「iPhone6」に近いです。
光沢のある背面から金属に見えなくもない!?ですが、触ってみるとすぐプラスチックだと分かる質感です。ただし、安っぽくはないです。








・開封レポート



OUKITEL-U7-Pro-01.jpg


OUKITELの箱は結構柔いです。この端末の前に来た「OUKITEL U7」はペチャンコに潰れてました。今回はなんとか原型を留めています。

OUKITEL-U7-Pro-03.jpg


けっこう光沢のある背面。塗りはしっかりしています。
かなり空白部分が多いので、リンゴシールを貼りたくなります。
それ用に真ん中を空けているのかな?

OUKITEL-U7-Pro-04.jpg


上部にはイヤホンジャックとMicroUSB。

OUKITEL-U7-Pro-05.jpg


下部にはスピーカーとマイク。

OUKITEL-U7-Pro-06.jpg


右側には電源。

OUKITEL-U7-Pro-07.jpg


左にボリュームキー。

デザインはぱっと見はiPhoneに似ているのですが、すっきりさせすぎて間延びした感じもあります。やはり5.5インチだけあって、大きいです。指が端っこまで届きません・・・


・ホームもiPhoneライク



ホーム画面はHuaweiやLenovoと同じようにインストールしたアプリが全て画面に並ぶタイプです。こちらもiPhoneライクですね。思いのほか使いやすいので、悪くは無いです。

OUKITEL-U7-Pro-08.png


OUKITEL-U7-Pro-09.png


いちいちドロワーを開くAndroidのアプリ管理より、個人的にはこっちの方が好きです。ウィジェットと共用できる分、iPhoneよりも優れているとも言えます。

OUKITEL-U7-Pro-10.png


OUKITEL-U7-Pro-11.png


Android 5.0以降の端末はほとんど日本語が入っていますね。
国内で売っている端末と変わらず使えます。


・まとめ



性能は標準的なミドルレンジ(クアッドコア、メモリ1GB、ストレージ8GB)の端末と一緒です。
3Dゲームでも問題なくプレイできますが、大作になると若干重かったり、処理が簡略化されたりが目立ちます。ゲーム以外の用途ならば、ほとんどの場合で困ることはないでしょう。

5.5インチの大画面のおかげでゲームや動画は迫力はありますが、この大きさでHD液晶なので、若干ドットが目立ちます。
多少高くなっても良いので、それこそ「iPhone6 Plus」みたいにFullHDの液晶は搭載して欲しかったところ。





[2016/6現在Amazon価格 9980円]






↓↓↓活動の支えになりますので、ぜひ広告クリックをお願い致します。↓↓↓

"「OUKITEL U7 Pro」 iPhoneそっくりの激安スマートフォン開封レビュー"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。