「UMi TOUCH X」 廉価版とは思えない!格安なのにフルHDでメタルボディのスマートフォン開封レビュー

こちらの「UMI TOUCH X」はハイスペック端末の「UMI TOUCH」の廉価版です。
「UMI ROME」と「UMI ROME X」の関係と同じですね。廉価版ですがメタルボディとデザインは上位モデルと一緒なので、スペックよりデザイン重視な方にはオススメです。
とは言えメモリ2GB、ストレージ16GBに加えて画面解像度も1920x1080ピクセルのFullHDというのは十分ハイスペックな部類に入ります。

UMI-TOUCH-X-02.jpg



・購入にいたるまで



「Lenovo K3 Note」のコストパフォーマンスの高さに感動し、同じようにFullHD液晶なのに1万円台で購入出来る端末を探していて出会ったのが、今回ご紹介する「UMI TOUCH X」になります。
「UMI ROME」と「UMI ROME X」の場合は、有機EL、オクタコア、メモリ3GBの差があったのですが、「UMI TOUCH」と「UMI TOUCH X」の差は指紋認証とメモリ3GBくらいなので、メタルボディとデザイン目当ての私は迷わず廉価版を購入。

デザインの特徴は昔のiPhoneを正当進化させたかのようなフォルムに、Galaxyのようなホームボタン。最近のiPadやiPod touchのようなエッジのダイヤモンドカットなど・・・箇所個所に既視感を覚えてしまうものですが、良いとこどりと言えばそれまで。まぁ、パクリうんぬんを気にしないのであれば、非常に魅力的です。
背面は上下は電波を通す関係で、さすがにプラスチックなのですが、大部分は金属なので質感や手触りが良いです。(前面にiPhone6みたいなラインが入っているけど・・・なんでだろう?)
個人的に(iPadみたいな)液晶面のエッジの光沢が綺麗でお気に入りです。


・開封レポート



「UMI ROME X」のときもそうでしたが、UMIの箱はなかなかオリジナリティのあるデザインで良いですね。箱自体の作りも良く、激安中華端末とは思えないほどです。

UMI-TOUCH-X-01.jpg


その半面、筐体はオリジナリティがないですが(笑)・・・UMIの端末は毎回何かに似ています。
4以前のiPhoneがそのまま進化したようなデザインで、個人的には気に入ってます。

UMI-TOUCH-X-02.jpg


背面は金属部分が大部分を占めますが、上下はプラスチックだと思われます。
金属部分には最初から保護シートが貼られています。親切です。

UMI-TOUCH-X-03.jpg


右側は電源とボリュームキー。
後ろ姿はiPod touchにも似ている気がします。

UMI-TOUCH-X-04.jpg


左側にはSD・SIMカードスロットがあります。
デュアルですが片方のSIMとMicroSDカードは排他利用になります。

UMI-TOUCH-X-05.jpg


下部にはMicroUSBとマイク穴。

UMI-TOUCH-X-06.jpg


上部にはイヤホンジャック。iPhone6みたいなラインが入ってますけど何のため?

UMI-TOUCH-X-07.jpg


ボタンとカメラ部が見えるように斜めから撮影。

UMI-TOUCH-X-08.jpg



・日本語には当然のように対応



日本語にも最初から対応してます。ほとんど国産端末を購入するのと変わらないです。

UMI TOUCH X-09.png


「UMI ROME X」と同じように「KingoRoot」でroot化するつもりなので、基本的に全部スキップしました。

UMI TOUCH X-10.png


「日時」だけはきちんと設定。

UMI TOUCH X-11.png


最近のAndroidの日時の設定方法好きです。

UMI TOUCH X-12.png


こちらは初回起動時のままのホーム画面。

UMI TOUCH X-13.png


Androidのバージョンは6.0です。

UMI TOUCH X-14.png


Android 5.0からは当然のように日本語が入っています。

UMI TOUCH X-15.png


ドロアーを開いたところ。必要最低限のアプリのみ。

UMI TOUCH X-16.png


空き容量は11GBほど。

UMI TOUCH X-17.png


とりあえず「KingoRoot」に必要なものをコピー。

UMI TOUCH X-18.png


デベロッパーモードとAPKからインストール可能にします。
しかし、APK版の「KingoRoot」は新旧いろいろ試しましたが失敗しました。

UMI TOUCH X-19.png


仕方がないので、Windows版の「KingoRoot」を実行。

UMI-TOUCH-X-20.png


何度やっても20%ほどで失敗・・・まだ対応していないのでしょうか?
とりあえず、諦めてGoogleアカウントを追加して使用を開始。

UMI-TOUCH-X-21.png


「UMI ROME X」と同じ方法ではroot化できませんね。
海外のフォーラムもチェックして、rootが取れたなら再度報告します。


・まとめ



「AnTuTu」ベンチマークの結果はこちらです。

UMI TOUCH X-22.png


スコアは33000くらいと結構低め。
「Lenovo K3 Note」が46000~48000、焼いたROM次第では50000程度らしいので、かなり落ちますね・・・
「UMI TOUCH」でもほんの少し(1000〜2000程度)良くなるくらいで「UMI TOUCH X」と比べてもさほど違わないみたいです。
価格を考えると十分な性能なのですが、コストパフォーマンスを考えると「Lenovo K3 Note」の方がオススメですね。

「Lenovo K3 Note」のレビューはこちら


質感の良さの他に「UMI TOUCH X」のポイントとして「2メートルの高さから落としても大丈夫」と言われる頑丈さも挙げられます。
さすがに買ったばっかりの端末で試すのはイヤなので、こちらはメーカーの動画を見てもらったほうが良いでしょう。
持った感じは非常にがっしりして、確かに丈夫な気はします。

バッテリーは大容量の4000mAhなのですが、まだあまり使ってないので、大容量の実感はないです。こちらについては、もう少し使い込んでからレポートします。

デザインも質感も良く(iPhoneやiPad風のデザインが好きなら・・・)、スペックも高く、何よりFullHDという事に魅力を見いだせるなら、オススメの端末です。

「UMI TOUCH X」は6月に販売されたのですが売り切れ中。


海外通販で購入する場合はこちら。GearBestの商品ページです。
[2016/6現在GearBest価格 $160(約16500円)]

メモリ3GBのハイスペック端末「UMI TOUCH」はこちら。さすがに高いです。




↓↓↓活動の支えになりますので、ぜひ広告クリックをお願い致します。↓↓↓

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック