「UMi MAX」廉価版だけど必要十分なハイスペックでメタルボディの格安スマートフォン 開封レビュー

UMI-MAX-03.jpg


「UMi MAX」は 人気の「UMi Super」の廉価版で、メモリとストレージが4GB/32GBから3GB/16GBに減っただけで、他は 「UMi Super」そのままの構成となっております。CPUには「Helio P10」、液晶は1920x1080ピクセルのフルHD解像度、 充電・通信用のポートにはUSB Type-Cを採用し、非常に質感の高いメタルボディの高性能スマートフォンです。


購入にいたるまで



金属筐体が大好きなので「UMi Super」も欲しかったのですが、中華スマートフォンに$200出すのは不安なので($200以下なら不具合あっても泣き寝入りできるかな?というワケで・・・笑)、ここはグッと我慢しておりました。
(最近は「UMi Super」もたまに$170くらいでセールしてたりしますが・・・)

「UMi MAX」はUMiお得意の落とし所の上手な廉価版で、実際に現状のスマートフォン環境ならPCと違ってメモリは3GBあれば十分だし、ストレージもSDカードで拡張できるので16GBで十分。ベンチマークの結果も「UMi Super」と同じ47000程度です。
しかし質感の高いボディなどは「UMi Super」そのままにして価格を$50(約5000円)ほど下げてきました。

こちらは廉価版の「UMi MAX」



こちらは人気の「UMi Super」
ストレージをSDカードで補強するくらいなら最初からあったほうが良い!って方は。


あと、外箱は「UMi Super」の方がカッコイイです。


開封レポート



廉価版は非廉価版のように凝った箱は使われませんが、なかなか悪くない印象です。

UMI-MAX-01.jpg


いつものような液晶保護シートの貼り付けはなく、ペラペラのフィルムがついていました。
気泡がひどいのは、撮影のために一度剥がしたため。現在、保護ガラスを注文中です。

UMI-MAX-02.jpg


やはりUMiのデザインとボディの質感は素晴らしいです。
他の中華メーカーで同じようなデザインがあっても、UMiの方がよく見えます。

UMI-MAX-03.jpg


背面にも保護フィルムが貼られています。
電波用のiPhone6のDラインというか、iPhone5のツートンパーツのような部分がちょっとイヤ。

UMI-MAX-04.jpg


充電・通信用のポートにはUSB Type-Cを採用しています。
その左右はスピーカーかな?

UMI-MAX-05.jpg


上部にはイヤホンジャック。

UMI-MAX-06.jpg


右側には電源ボタンとボリュームボタン。

UMI-MAX-07.jpg


左側にはSIMスロットとアプリなどを割り当てられるショートカットキーがあります。
デフォルトではカメラになっていました。

UMI-MAX-08.jpg


右側面のアップ。

UMI-MAX-09.jpg


左側面のアップ。

UMI-MAX-10.jpg


背面には指紋認証とカメラ。

UMI-MAX-11.jpg


相変わらず金属筐体の質感は良いです。

UMI-MAX-12.jpg


背面の保護シートにも気泡が多いですが、剥がすか迷っています・・・

UMI-MAX-13.jpg


最近はUSB Type-Cの端末が増えました。
2017年にはmicroUSBと世代交代かな?

UMI-MAX-14.jpg



使用感



ホームは素のAndroidに近いものです。
余計なアプリもほとんど入っていません。

UMI MAX Screen-01.png


セットアップ済みなので、自分で入れたアプリが入っています。
アプリ総数は本体の容量に左右されますが、16GBもあれば十分です。

UMI MAX Screen-02.png


ただ、ゲームは容量を喰うので、たくさん入れる予定の人は「UMi Super」の方が良いかもしれません。
16GBではこのくらいで限界でした。まぁ「Mapfan」が一番容量を取っているので、消せば大作ゲームの2〜3本は入ります。

UMI MAX Screen-03.png


日本語には問題なく対応。

UMI MAX Screen-04.png


こちらでナビゲーションバーをどうするか決められます。

UMI MAX Screen-05.png


液晶画面の下でタッチ式のホームボタンや戻る動作も行えるので、画面内のナビゲーションバーは不要です。

UMI MAX Screen-06.png


高解像度なので、表計算での一覧性も高いです。

UMI MAX Screen-07.png


Antutuベンチマークは「UMi Super」とほとんど変わりません。
メモリの差か誤差程度の違い。

UMI MAX Screen-08.png


重量級のゲームを動かした感じ。

UMI MAX Screen-10.png


UMI MAX Screen-11.png


UMI MAX Screen-12.png


UMI MAX Screen-13.png



まとめ



廉価版の「UMi MAX」ですが、基本的な使用感はきっと「UMi Super」と変わらないくらいハイスペックな端末だと思います。
デザインの良さは言わずもがな、質感や造りの確かさもさすがUMiといった感じです。

ただ、いつものUMiの悪い所も同じで、とにかく重いです。
iPhoneなどの軽さを追求しているスマートフォンから比べると、倍くらいの重さに感じます。
実際には「UMi MAX」は200gほど、「iPhone6」は130gくらいなのですが、手に持つとずっしりとした重量を感じます。
個人的には金属的な塊感があって好きなのですが、軽い端末をお求めの方にはオススメできません。


こちらは廉価版の「UMi MAX」



こちらは人気の「UMi Super」
ストレージをSDカードで補強するくらいなら最初からあったほうが良い!って方は。





↓↓↓活動の支えになりますので、ぜひ広告クリックをお願い致します。↓↓↓


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック