「SmartWatch K18」 Android 4.4搭載、ラウンド型スマートウォッチ開封レビュー

有機ELで400x400ピクセルのラウンド(円)型スマートウォッチ「SmartWatch K18」を購入いたしました。2016年6月現在のAndroid搭載のスマートウォッチの中では最もハイスペックな部類に入るシロモノだと思います。

SmartWatch K18-03.jpg

スペックはこちら
ディスプレイ・解像度1.4インチ有機EL / 400x400ピクセル
CPUデュアルコア MTK6572 1.0GHz
RAM/ROM512MB/4GB
OSバージョンAndroid 4.4
無線LAN802.11 b/g/n
BluetoothVersion 4.0
3G通信WCDMA(850/2100MHz)
本体サイズ・重量48.0×60.0×12.0mm / 60g
SIMカードnanoSIM
バッテリー450mAh



購入にいたるまで



ここ1年ほど、Android搭載のスマートウォッチがお気に入りで、数種類のスクエア(四角)型を購入して悦に浸っていたのですが、最近はラウンド型のAndroidスマートウォッチが登場していると言うのを耳にして、これはぜひとも手に入れなければ!と思って物色。

ちなみにスクエア型のAndroid搭載のスマートウォッチのおすすめはコチラ。後ほど詳細なレビューを掲載いたします。最近はわざわざ輸入して買うよりAmazonの方がおトクな商品が増えてきました。




以前に購入したAppleWatchクローンの「SmartWatch K9」のデキが非常に良かったので、シェルUIのデザインから多分同じメーカー製だろうと思われる「SmartWatch K18」を購入。
今回も送料無料を指定したので、待つこと2週間。やっと商品が到着いたしました。

ちなみに、国内で購入可能なラウンド型スマートウォッチは2016年6月現在はこんな感じ。




上記のAmazonリンク以外はAndroid非搭載だったり、Android Wearなので間違って購入しないようにご注意ください。今回私が購入した「SmartWatch K18」はまだ国内では取り扱ってる業者がいないようです。


開封レポート



SmartWatch K18-01.jpg

革製っぽく仕上げた意外と高級感のある箱を開けると、中華端末によくある液晶保護シートを貼り付け済みの本体がお目見えして、テンションが上がります。
が、これまたよくありがちな、保護シートへのほこりが混入。テンション若干ダウン。

SmartWatch K18-02.jpg

色はiPhoneで使われるようになってから、急激に増えたゴールドモデルを選択しました。最近の中華端末には必ずゴールドがありますね。光沢はなく梨地仕上げで上品な金色です。

SmartWatch K18-03.jpg


充電は専用のアタッチメントで



「SmartWatch K18」はGalaxy Gearのように本体下部に充電用のアタッチメントをはめて充電します。磁石でくっつくタイプですが、ちょっと触ると充電が切れたりするので、充電しながらの使用は(バッテリー劣化の事も考えて)しない方がよいでしょう。

SmartWatch K18-04.jpg

充電やPCとの通信は普通のMicroUSBケーブルで行います。

SmartWatch K18-05.jpg


ラウンド型ディスプレイはどうか?



このスマートウォッチの最大の特徴は、何と言ってもラウンド型ディスプレイ。
ですが・・・はっきり言ってデザイン以上のメリットはありません。むしろデメリットの方が多いです。

SmartWatch K18-09.jpg

Android Wearの端末ならば、人気のMoto360などのおかげでラウンド型のディスプレイを考慮した設計のアプリもあるのですが、この端末はAndroid端末そのものなのです。
標準で入っているアプリはさすがにラウンド型に完全対応しているので問題ないのですが、スマホやタブレット用に設計された一般のアプリはスクエア型のディスプレイを基準にしているので、どうしても表示されない(=操作できない)エリアができてしまいます。

中にはYoutubeやGoogle謹製アプリのように、ディスプレイ真ん中に四角くアプリが表示されるものもあるのですが、上下左右に黒枠が表示されてしまうので、非常に残念な感じがします・・・


有機ELは鮮やかで綺麗だがペンタイル配列



電源を付けて気がつくのは、1.4インチ400x400ピクセルの有機ELディスプレイの綺麗さ。液晶のモデルに比べて明るくて鮮やかです。しかし、顔を近づけて見ると若干ギザギザのようなものが見えます・・・GALAXYなどで昔騒がれてたペンタイル配列ってヤツですね。400x400ピクセルの高解像度のハズなのに文字も汚く見えます。
写真などの表示は問題なく綺麗なのですが、文字やコントラストの高いイラストの場合、ギザギザが気になります。

SmartWatch K18-10.jpg


ラウンド型用のシェルは使いやすい



「SmartWatch K18」には前のモデルの「SmartWatch K8」やスクエア型の「SmartWatch K9」から若干改良されたオリジナルのシェルが搭載されてます。基本は一緒ですが、デザインが変更されてるのとウィジェットや通知関係が若干使いやすくなっています。

SmartWatch K18-06.jpg

フェイスを右にフリックすると通知画面、左にフリックするとウィジェットが表示されます。最初はミュージックプレイヤーで次が心拍計と万歩計、最後が天気となっています。このメーカーのシェルの基本ですね。

SmartWatch K18-07.jpg

SmartWatch K18-08.jpg

アプリ一覧はおなじみのアイコンが縦方向にずらっと並ぶタイプで、1画面表示されるのは3つです。このタイプはアプリが増えた時に使いにくいですが、容量の少ないスマートウォッチなので、そんなにアプリを入れないでしょう。
購入時はGooglePlayストアが入ってなかったのですが、オンラインアップデート後に出てきました。


日本語入力はMoreLocale 2で



「SmartWatch K18」は初期状態では日本語化されていません。
ここで、おなじみの「MoreLocale 2」に活躍してもらいましょう・・・rootを取っていれば問題ないのですが、非root環境ではAndroid 4.2以降の日本語化はちょっと面倒です。

まず、設定から「Developer options」を開き 「USB debugging」をオンにします。
ここで、パソコンとUSBで接続して(ドライバやADB環境が整っている事が前提)以下のコマンドを打ち込みます。

adb shell pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

これで日本語化は完了です。


WatchFaceの変更



ラウンド型Android搭載スマートウォッチのWatchFaceの変更やダウンロード・自作のWatchFaceの公開はこちらのコミニュティで活発に行われているみたいです。
内蔵ストレージに「ClockSkin」というフォルダを作成して、上記のサイトからダウンロードしてきたWatchFaceのファイルを解凍して入れるだけです。



↓↓↓活動の支えになりますので、ぜひ広告クリックをお願い致します。↓↓↓

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック