「VAIO X」 で MacOSの夢を見るメモ

VAIO-X-01.jpg


「VAIO X」は当時としては驚異的な薄型軽量ラップトップとして一世を風靡したパソコン。
スペックはそのままネットブックなのですが、大容量のSSDやSIMスロットを搭載した事で差別化され、価格もハイスペック並みに高かった気がします。

VAIO-X-02.jpg


ちなみに、持っているWindowsノートPCには、タブレット以外のほぼ全ての端末にMacOSをデュアルOSとしてインストールして運用する夢を見ております。最近では膨大な数になって、どうやって作業したのか分からなくなってきたので、メモ代わりにここに残そうと思いました。

掲示板での情報や、国内外のブログから寄せ集めた情報をテキストとして保存していたのですが、何通りも保存していたために分かり難いので、時間のあるときに少しづつ形成していきます。
(写真等も後で追加していきます。手に入らないファイルがあれば承諾を得られればアップロードします)





必要なもの



[写真追加時に、下記の記事の検証と、もう少し詳しく記載しますので、少々お待ちください]

ハードウェア・DVD等

・VAIO X
・intel Mac
・USBメモリ(16GB以上)、もしくは外付けHDD
・Mac OS X Snow Leopard

ソフトウェア

EasyBCD ・・・Windowsのブートローダをいじるため
Chameleon-2.0-RC5-r1083.pkg ・・・MacOSのブートローダ
Kext Wizard ・・・Kext のインストール用
・vaiop20091014.tar.bz2 ・・・VAIO TYPE P用のドライバ類。あらかじめ解凍しておく

*すでにネット上では手に入りにくくなってきております・・・


準備



バックアップ等はせず、クリーンインストールをする場合の手順になります。
(パックアップを希望の場合はEASEUS Todo Backupなどを使ってください)

intel Macに入っているディスクユーティリティのパーティションから、USBメモリをフォーマット。その際、1パーティション、MacOS拡張(ジャーナリング)、オプションでGUIDパーティションテーブルを選択。

ディスクユーティリティの復元にてDVDからUSBメモリにインストールディスクをコピーする。
ソースには「Mac OS X Install DVD」、復元先にはUSBメモリを指定して復元ボタンを押す。

Chameleon-2.0-RC5pre7-r69.pkgを起動してインストール先にUSBメモリを指定してインストール。
これでUSBメモリが起動兼インストールディスクになるはず。


手順



USBメモリから起動すると、MacOSのインストール画面になるので、SSDもしくはHDDをフォーマットしてインストールする。この手順はMacOSのクリーンインストールと一緒なので、特に迷わないと思う。
Windowsとのデュアルブートにする場合は、フォーマットの際にパーティションを2つに分けて、先頭にMacOS、後ろにWindowsが来るようにする(Windowsは2〜4番目のパーティション以内にないと起動できないので注意)。念のためWindows領域のフォーマットはFAT32で行う。
容量節約のため、カスタマイズにてプリンタサポートのチェックを解除し、言語環境は日本語のみにする。

初回起動もUSBから起動して、SSDもしくはHDDを指定して行う。セットアップが完了してデスクトップが表示されたら、Chameleon-2.0-RC5pre7-r69.pkgを起動して、今度はSSDもしくはHDDを指定してインストールする。

次にKext Wizardを使って、VAIO TYPE P用のKextを/System/Library/Extensionsにインストールする。

*初回起動ではUSBを認識しない場合もあるので、その時はUSBからインストールディスクを起動して、ターミナルを使って必要なファイルをUSBからSSD等にコピーする。

これで、次回からはSSDもしくはHDDから起動できる。

ぶっちゃけ、面倒な手順をふまなくても iATKOS S3 version2 をUSBメモリに入れて、インストールするだけでいけるかもしれない。自分のは最後はこの方法でインストールして使っている気がする。


WiFiは10.6.5にしないと有効にならない



MacOSX10.6.5統合アップデートを適用する。
http://support.apple.com/kb/DL1324

再起動前にmach_kernelをATOM用kernelで上書しないと起動不可になるので注意。


デュアルブート



先ほどMacOSのインストール時にパーティションを2つ作っている場合は、Windows7等のインストールディスクから起動して、こちらのパーティションにインストールする。Windows7のライセンスがある状態だと、Windows10無償アップデート期間内なら、そのままWindows10も無料でインストールできます。

インストール後はWindowsしか起動しなくなるが、焦らないで EasyBCD をインストール&起動。
エントリの追加からMacを選択。次回の起動時からブートローダーの選択画面にWindowsとMacintoshが表示されます。MacOSを選んだ場合は、さらにChameleonが表示されるので、そこからSSDもしくはHDDを選んで起動します。


写真レポート



起動するとOSの選択画面が現れます。

VAIO-X-03.jpg


Windowsよりも起動が早くサクサク動きます。

VAIO-X-04.jpg


QE/CIは効きませんが、ブラウザやビジネスソフトの使用では問題ありません。

VAIO-X-05.jpg


Windows 10とのデュアルブートです。Anniversary Updateも普通に適用できます。

VAIO-X-06.jpg









この記事へのコメント


この記事へのトラックバック