「GIGABYTE T1028X」 で MacOSの夢を見るメモ

GIGABYTE-T1028X-01.jpg


「GIGABYTE T1028X」は感圧式のタッチパネルを搭載したタブレット形状に変形できる 2 in 1 パソコンです。
ネットブックのカテゴリに入るスペックのマシンですが、1366x768ピクセルの液晶を搭載するなど、ネットブックの中ではかなり高性能な端末となっております。
デザインや色・質感も良く、当時としては小型軽量な本体とも相まって、気に入っておりました。
数年前の事になりますが、しばらく使ってなかったので、試しにMac OSを入れて夢を見てみようと思ったら、意外とすんなり入ったので、デュアルOS機として使っております。

基本のノートPC形状はこんな感じ。普通のネットブックです。

GIGABYTE-T1028X-02.jpg


液晶面を180度回転させて折りたたむとタブレット形状になります。
ZAURUS等と同じ昔ながらの感圧式タッチパネルなので、筆圧感知とかはできませんが、メモやビジネス用途には十分使えます。写真では向かって右下の部分にスタイラスが収納されています。

GIGABYTE-T1028X-03.jpg


無理のないキー配置で打ちやすいですが、タッチパッドが若干小さめです。

GIGABYTE-T1028X-04.jpg


ポート類はネットブックにしては意外と充実しています。こちらは右側面。

GIGABYTE-T1028X-05.jpg


左側面には排熱関係と、余ったスペースにさらにポートがあります。

GIGABYTE-T1028X-06.jpg



必要なもの



iATKOS S3

意外とすんなり入ったのか、ほとんどメモを取っておりませんでした。
多分、iATKOSのUSBメモリを作って、そのまま入れただけだと思われます。


手順



[以下執筆中、もう少し詳しく記載しますので、少々お待ちください]

iATKOS S3をUSBメモリに復元し、Chameleonで起動可能にする。
そのまま普通にインストールすればMacOS 10.6で起動するので、初期設定を行う。

また、キーボードやタッチパッドが動かない場合はVoodooPS2を入れてみてください。
以上でアクセラレーターが効かない以外は普通に動いております。


写真レポート



デュアルブートにしているので、起動すればWindowsとMacintoshを選択する画面がでます。

GIGABYTE-T1028X-07.jpg


SSDなので、素早くMacOSが起動します。

GIGABYTE-T1028X-08.jpg


QE/CIが働かないので、グラフィック系が弱いですが、ビジネスアプリ程度なら問題なく使えます。

GIGABYTE-T1028X-09.jpg


もちろんWindows10も起動可能です。

GIGABYTE-T1028X-10.jpg








↓↓↓活動の支えになりますので、ぜひ広告クリックをお願い致します。↓↓↓


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック