「Lumia 636」 フォトレビュー

「Lumia 630」「Lumia 635」「Lumia 636」は若干のスペックや仕様の差はあれど、見た目はほとんど同じモデル。
写真のモデルは「Lumia 636」です。こちらは2016年現在でも通用するスペックで、CPUに「Qualcomm Snapdragon 400 1.2GHz」、メモリ1GBにストレージは8GB。惜しむらくはローエンドに近いモデルらしくディスプレイが854x480ピクセルという低解像度。
低解像度以外は非常に使いやすく満足のできる端末で「DG-W10M」を購入するまで毎日持ち歩いていました。


ディスプレイ・解像度4.5インチ液晶 / 854x480ピクセル
CPUSnapdragon 400 1.2GHz
RAM/ROM512MB or 1GB/16GB
OSバージョンWindowsPhone 8
無線LAN802.11 b/g/n
BluetoothVersion 3.0
3G通信WCDMA(900/1900/2100MHz)



「Lumia 710」 と同じく、こちらもヘビーに使っていたので、本体も液晶保護シートが傷だらけです。
しかし、バックカバーは自由に変えられるので、各色のストックがありますから傷も気にしない!
ケースやカバーを買うより、裸で使ってバックカバーそのものを交換できる方が嬉しいですね。

Lumia 636-01.jpg


6xxシリーズは毎度のこと透明と不透明の2色の使いが綺麗です。
このオレンジは今までになかった感じで気に入っています。

Lumia 636-02.jpg


右側にボタン類がまとまっています。

Lumia 636-03.jpg


左側はすっきり。

Lumia 636-04.jpg


上にイヤホンジャック。

Lumia 636-05.jpg


下にMicroUSBと「Lumia 710」 とは違って分散した配置。

Lumia 636-06.jpg


このキャンディーのような素材感が好きです。

Lumia 636-07.jpg



こちらは「Lumia 630」です。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック