「FINOW X3 Plus」やっぱりFINOWはカッコよかった!デザインも性能も良いラウンド型Androidスマートウォッチの決定版 開封レビュー

FINOW-X3-Plus-03.jpg


「FINOW X3 Plus」は2016年のスタンダードとなった360x360ピクセルのラウンド(円)型スマートウォッチで、性能も2016年の最高スペックとなるクアッドコアのMTK6580 1.3GHzにメモリ1GBにストレージ8GBという構成。なおかつシンプルながらも、金属質感を生かした良デザインのAndroid搭載スマートウォッチです。
Androidのバージョンもスマートウォッチとしては最新の5.1を搭載し、日本語にもデフォルトで対応しております。


購入にいたるまで



Android搭載スマートウォッチの中でデザインなら「FINOW X5」、性能なら「FINOW Q1」が個人的にイチオシの製品なのですが、どちらも同じFINOWブランドの製品です。

その後に出た「FINOW X3」もデザインがよさそうで気にはなっていたのですが、メモリ512MB・ストレージ4GBと2016年のモデルにしてはスペックがイマイチだったので、とりあえずスルーしました。
それに応えるように(笑)登場した「FINOW X3」のスペックアップ版が、今回購入した「FINOW X3 Plus」です。

「FINOW Q1」同等のメモリ1GBにストレージ8GBという構成で、液晶は360x360ピクセルの高解像度なもの。前機種同様、デザインも質感も良さげで、これは欲しい!と思わせる逸品でした。


ディスプレイ・解像度1.3インチ液晶 / 360x360ピクセル
CPUクアッドコア MTK6580M 1.3GHz
RAM/ROM1GB/8GB
OSバージョンAndroid 5.1
無線LAN802.11 b/g/n
BluetoothVersion 4.0
3G通信WCDMA(850/2100MHz)
本体サイズ・重量Round 46.0x47.0x13.0mm / 90g
SIMカードnanoSIM
バッテリー?mAh



国内通販でも購入できます。


GearBestでの商品ページはこちらicon


開封レポート



どこかで見たことのあるパッケージです(笑)

FINOW-X3-Plus-01.jpg


内容物は本体、ドライバー、充電用のアタッチメントです。

FINOW-X3-Plus-02.jpg


金属の質感を生かしたプレーンなデザイン。ゴテゴテした装飾もなくシンプルで落ち着いたデザインです。
さすが、FINOWのスマートウォッチは毎度のことながらカッコいいです。
バンドがゴムで安っぽいですが、交換できれば

今回はボタンが2つありますね。戻るボタンとホーム兼用の電源ボタンです。
「FINOW Q1」の時は1個だったので、操作がちょっと面倒でした。

FINOW-X3-Plus-03.jpg


裏側には充電用の接点と心拍系。

FINOW-X3-Plus-04.jpg


こちらのアタッチメントを接続して充電や通信を行います。

FINOW-X3-Plus-05.jpg


写真は合体させたところ。

FINOW-X3-Plus-06.jpg



起動してみます



シェルは今までの「FINOW X5」等とだいたい同じものです。

戻る動作はボタンの他に、今までのFINOW端末と同じで画面を大きく上から下にスワイプする事によって行えます。他の端末だと左から右への動作で戻るものが多かったので、最初は戸惑います。
(同時に届いたDM98は左から右へのスワイプでした)

初回起動時のWatchFaceはこちら。長押しで他のFaceを選択できます。
ダウンロードもできるみたいです。

FINOW-X3-Plus-07.jpg


右にスワイプすると通知画面。

FINOW-X3-Plus-08.jpg


左にスワイプすると、ミュージックプレイヤーのウィジェット。

FINOW-X3-Plus-09.jpg


もう一度、左にスワイプすると心拍計と歩数計。

FINOW-X3-Plus-10.jpg


さらに左にスワイプすると天気情報。
ここいらの構成もいつもと一緒ですね。

FINOW-X3-Plus-11.jpg


WatchFaceをタップでメニューが表示されます。

FINOW-X3-Plus-12.jpg


自分でインストールしたアプリは最後の方に順に追加されます。

FINOW-X3-Plus-13.jpg



メニュー周りを見てみる



スマートウォッチらしく、最初は電話や通信関係のアイコンがあります。

FINOW-X3-Plus-14.jpg


ダイヤル画面はこんな感じ。

FINOW-X3-Plus-15.jpg


ちょっとスクロールすると、設定関係が並びます。

FINOW-X3-Plus-16.jpg


Android5.1なので、標準である程度日本語には対応しています。

FINOW-X3-Plus-17.jpg


日本語だと安心します。

FINOW-X3-Plus-26.jpg


アクティビティトラッカー関係のメニュー。

FINOW-X3-Plus-18.jpg


最後の方に行くと、Google関係のアプリがあります。
GooglePlayも使えるので、アプリを色々入れてみたいと思います。

FINOW-X3-Plus-19.jpg


ちなみに、WatchFaceで下部から上に引き出すとステータスの状態確認ができます。

FINOW-X3-Plus-20.jpg


上部から下に引き出すとクイック設定が出ます。

FINOW-X3-Plus-21.jpg


長押しでWatchFaceの変更が可能です。

FINOW-X3-Plus-22.jpg



アプリをインストールしてみる



標準だと何かと使いにくいので、GooglePlayからアプリをダウンロードしてみます。

FINOW-X3-Plus-23.jpg


まずは日本語入力はATOKを入れてフロートモードに。
ラウンド型だと、これが使いやすくて気に入っています。

FINOW-X3-Plus-24.jpg


ユーザーがインストールしたアプリは、四隅の見えない全画面表示か、真ん中に四角く表示されるスモール表示かを選べます。

FINOW-X3-Plus-25.jpg


特にゲームなどのアプリは勝手に横画面に回転してしまうので、こちらのアプリで縦画面に固定します。

FINOW-X3-Plus-27.jpg


スペックが高いので3Dゲームでもそこそこ動きます。
これは「FINOW Q1」でも実証済み。

FINOW-X3-Plus-28.jpg


問題は操作ですね・・・遊べなくはないですが、まぁ実際遊ぶより「動いた!」って事を楽むダケです(笑)

FINOW-X3-Plus-29.jpg


スペックが高いので、オフライン地図なんかも結構実用的ですよ。

FINOW-X3-Plus-30.jpg



まとめ



[ただいま、執筆中!]


国内通販でも購入できます。


GearBestでの商品ページはこちらicon

この記事へのコメント

  • 鮎瀬昂一

    こんにちは、勢いで買ってしまい、説明書が読めずに戸惑っていたところ
    こちらのブログに出会い楽しく拝見させていただきました。
    さて、早速質問させていただきたいのですが、スマホとの連動はどのようにすればよいのでしょうか?
    Amazonのページには出来そうな事は書いてあるのですが、如何せん説明書が読めないのでどうにもこうにも先に進みません。
    後、ベルトは交換不可なのでしょうか・・・。
    見た感じ外せそうにない様な、裏のネジを外せば行けそうな・・・。
    長く使うとベルトが先にダメになると思いますので心配です。
    以上、初めてのスマートウォッチと言う事もあり勝手が分からないのと
    周りにアップルウォッチは居てもアンドロイドのスマートウォッチは居ないので聞く人もいません。
    よろしくお願いいたします。

    2018年10月31日 13:51
  • Yuki

    鮎瀬昂一さん、コメントありがとうございます。

    実機を見ても、交換できそうな感じはしますが、お調べした処、バンドは交換できないようです(gearbestの商品ページに同じ質問があって、交換不可と書かれておりました)

    他の機種の場合はバンド部分にもアンテナが這わせてあったりして、無理やり交換すると問題がでるケースがありました。この手の機器は、交換できないと考えた方が宜しいかと存じます。
    (AppleWatchのように交換前提になっている機種じゃないとバンド交換は出来ないと思います)

    私の場合、Android搭載スマートウォッチは単体利用がメインなので、スマホとの連携は使っておりませんので、詳しい事は書けませんが、時計のメニューか、マニュアルにあるQRコードをスマートフォンに読ませると、連携用のアプリをダウンロードできるページに飛びます(ほとんどの機種がそうでした)

    ただ、この世代のスマートウォッチは、かなり相性問題があるのでペアリング出来ても、通知等の連携が(バックグラウンド通信の省電力設定の関係で)上手く動かない事が多いです。
    (最近のAndroid搭載スマートウォッチは大丈夫そうですが)
    2018年10月31日 18:18
  • 鮎瀬 昂一

    ご回答いただきありがとうございます。
    そうですか、こいつだけでいろいろ出来るのでスマホとは切り離して使うのが正解なのでしょうか(;´∀`)
    後、考えてみればバンドはスマートウォッチの賞味期限よりは持つのかもしれませんね。
    先ず先に駄目になるのはバッテリーですかね(;^ω^)
    時計と考えるからダメなんですね。
    実際今は時計として使っているだけで、「スマート」の部分はすっかりスマホにお任せです。
    スマートな使い方と言えば、たまに心拍数見るくらいです(;・∀・)
    友達に自慢する件は、いろいろ聞かれても答えられないのでスマートウォッチだとは言わないようにしています。
    文字盤が液晶だと言う事を唯一の自慢にしています。
    それでもかなりヒュウーヒュウー言われます。
    と言うか、私の周りの人間は、アップルウォッチ以外スマートウォッチの存在を知らないのかもしれません。

    2018年11月04日 01:01

この記事へのトラックバック