「FINOW Q1」Android 5.1搭載、実用度No.1!?スクエア型スマートウォッチ開封レビュー

FINOW-Q1-03.jpg


「FINOW Q1」は320x320ピクセルの液晶とAndroidスマートウォッチとしては最大の1GBのメモリ、8GBのストレージを搭載し、実用十分な性能を有したスクエア型のスマートウォッチです。
当サイトではラウンド型の「ZGPAX S99」を本命視してきましたが、彗星の如く登場した(「K8 SmartWatch」の焼き直しだと思いますが・・・)「FINOW Q1」はハイスペックなだけでなくコストパフォーマンスも十分で、さらにrootの取得ができバッテリー対策が可能なため、2016年のスマートウォッチの本命になりそうな勢いです。
(まぁ、個人的にはラウンド型の方が見た目が好きなので、メイン端末は液晶も高解像度な「ZGPAX S99」なのですが・・・root取ってバッテリーをもう少し持たせたい・・・)


ディスプレイ・解像度1.54インチ液晶 / 320x320ピクセル
CPUクアッドコア MTK6580 1.3GHz
RAM/ROM1GB/8GB
OSバージョンAndroid 5.1
無線LAN802.11 b/g/n
BluetoothVersion 4.0
3G通信WCDMA(850/1900/2100MHz)
本体サイズ・重量39.0 x 46.0 x 13.0mm / 90g
SIMカードnanoSIM
バッテリー400mAh



購入にいたるまで



前に購入しようかどうか迷った「AppleWatch」クローンの「K8 SmartWatch」という機種がありました。
当時、240x240が主流だったAndroidスマートウォッチにおいて、それより高解像度な320x320ピクセルの液晶を搭載し、デザインや質感も良さそうな端末でしたが、もっとAppleWatchにそっくりな「K9 SmartWatch」が出たので、そちらを購入してしまいました。「K9 SmartWatch」はあまりにそっくりだったのか?すぐに姿を消してしまいましたが、前述の「K8 SmartWatch」は「FINOW Q1」として不死鳥のごとく蘇りました。
この端末の一番の購入動機は1GBという(スマートウォッチとしては)大容量のメモリに尽きます。例えばスマートウォッチの一般的な512MBのメモリでは人気のポケモンGOを遊んでいる時に、タスクを変遷しただけでアプリの再起動になる事が多かったです。
「FINOW Q1」では期待した通り、ポケモンGOでタスクを変遷してもアプリは終了されませんでしたし、CPUも現時点では高性能なものを使っているので、ちょっと重めのアプリでもサクサク動作します。

こちらは前の機種の「K8 SmartWatch」です。カメラがあります。
「FINOW Q1」はまだ国内での扱いがありません。取り扱いが開始されたら、改めてご紹介いたします。


海外通販で購入する場合はこちらicon。GearBestの商品ページです。


開封レポート



シンプルな箱です。でも、やっぱり潰れています。もう恒例ですね(笑)

FINOW-Q1-01.jpg


液晶保護シートは貼られていませんでした。「FINOW X5」みたいに同梱もなし。
でも、傷がつかないようにサランラップみたいなペラペラのフィルムが貼られています。

FINOW-Q1-02.jpg


FINOWは金属光沢を生かしたデザインが多いですね。
「AppleWatch」クローンですので、デザインは良いです。質感も文句無し。
パンドはゴムなので安っぽいですが、交換できるのかな?

FINOW-Q1-03.jpg


背面には心拍計と充電用の端子。
電源ボタンは光沢なしの仕上げになっております。

FINOW-Q1-04.jpg


結構使いまくってたので、バッテリーがなくなってました。
今回は充電用のアタッチメントをつけたままの撮影ですが、ご了承ください・・・

FINOW-Q1-05.jpg


こちらがマグネット式の充電用アタッチメント。
結構外れやすいので、充電しながらの使用にご注意ください。

FINOW-Q1-06.jpg



シェルはAndroid 4.4の頃のスマートウォッチの物に近い



「ZGPAX S99」のシェルは最新のもので、色々と使いやすいように改良されていましたが「FINOW Q1」のものは「FINOW X5」の頃の使い勝手と同じでした。左下のボタンからタスク一覧が出せたり若干の違いはあります。

あと、物理ボタンが電源兼ホームしかないので、戻る動作は画面を大きく上から下にスワイプする事によって行えます。ラウンド型端末だと左から右への動作で戻るものが多かったので、最初は戸惑います。

基本となるWatchFaceはこちら。長押しで他のFaceを選択できます。
ダウンロードもできるみたいです。

FINOW-Q1-07.jpg


右にスワイプすると通知画面。

FINOW-Q1-08.jpg


左にスワイプすると、ミュージックプレイヤーのウィジェットが出ます。

FINOW-Q1-09.jpg


もう一度、左にスワイプすると歩数計。

FINOW-Q1-10.jpg


さらに左にスワイプすると天気情報。

FINOW-Q1-12.jpg


上部から下に引き出すとクイック設定が出ます。

FINOW-Q1-13.jpg


電源ボタン長押しで出るメニューがこちら。

FINOW-Q1-11.jpg


こちらがホームの基本となる画面。アプリは1画面に4つ並びます。長押しで並び替えも可能。

FINOW-Q1-14.jpg


左下にあるタスクのマークを押すと、タスク一覧が表示されます。

FINOW-Q1-15.jpg


設定画面は見た目は違えど、内容は他の端末とだいたい一緒。

FINOW-Q1-16.jpg


当然Google謹製アプリも入れられます。

FINOW-Q1-17.jpg


結構重めのゲームなんかも普通に遊べちゃいます。

FINOW-Q1-18.jpg


こちらはダイヤル画面。3G通信に対応しているので、電話をかける事も可能です。

FINOW-Q1-19.jpg


こちらはデフォルトのファイルマネージャ。

FINOW-Q1-20.jpg


使える容量はこのくらい。

FINOW-Q1-21.jpg


GooglePlayにも対応、日本語には最初から対応



Android 5.1以降を搭載した中華スマートフォンと同じで、最初から日本語に対応しています。
「MoreLocale 2」の出番が減ってしまうのは寂しいところ。

FINOW-Q1-26.jpg


GooglePlayが入っているのでアプリも普通に入れられます。

FINOW-Q1-22.jpg


日本語入力には定番の「ATOK」がオススメ。

FINOW-Q1-24.jpg


フリック入力にすれば、かなり快適に文字入力が行えるでしょう。

FINOW-Q1-25.jpg


解像度が高いのでPDFのビューアは結構実用的です。

FINOW-Q1-23.jpg


字が小さくて読みにくいですが、ゲームは普通に遊べます。

FINOW-Q1-27.jpg


結構重めの大作ゲームも動きます。

FINOW-Q1-28.jpg


話題のポケモンGOもこの通り。
カメラがないですがARモードを使わなければ問題ないです。

FINOW-Q1-29.jpg



root取得とバッテリー対策



「FINOW Q1」のroot取得はいつもの方法(「KingoRoot」を使った方法)で取れます。
ただ「KingoRoot」はかなり深い部分までの権限を必要として、さらに外部と通信するので、できればroot取得後は「SuperSU」と入れ替えましょう。

以下に入れ替え方を簡単に説明いたします。

まず、「Android Terminal Emulator」と「Es File Explorer 」をインストールします。
パソコンにADB環境がある方は「Android Terminal Emulator」の代わりにそちらでも結構です。

次にこちらで「Replace_Kinguser_with_SuperSU-v2.0.zip」か「Replace_Kinguser_with_SuperSU-v2.4.zip」をダウンロードします。

まず「KingoRoot」をインストールするのですが、これはGoogleアカウントを入れる前をオススメします。その場合、「Android Terminal Emulator」と「Es File Explorer 」は他の端末からapkで持ってきて下さい。

「Replace_Kinguser_with_SuperSU-v2.x.zip」を解凍して出てきた「mrw」フォルダをSDカード直下にコピーします。

「Android Terminal Emulator」を起動するかADB Shellから

sh /sdcard/mrw/root.sh

と入力します。
「FINOW Q1」の場合はエラーやoverrideしますか?の表示が出ますが、気にしないで全部「y」を選んでください。root.shの中身を見ると場所が違ったり、色々問題あるのですが、多分大丈夫。
ただ、自動で「KingoRoot」をアンインストールしてくれないので、作業が終わったら自分で消します。
ここで一旦再起動します。

「suバイナリのアップデートしますか?」の表示には「通常」の方法でアップデート。
(「KingoRoot」関係を全部消してないとエラーが出るかも)

rootが取れたら、バッテリーを持たせるように色々アプリを入れて対策をします。

Titanium Backupでいらないアプリを無効にして・・・
私の場合は、ライブ壁紙関係、ブラウザ(Chromeを入れたので不要)、メール(Gmailを入れたので不要)、メッセージ(ハングアウトを入れたので不要)、OTA関係(rootを取るとできなくなる)、中国語の入力あたりを無効にしました。

JuiceDefender
AutoKiller Memory Optimizer
Greenify

あたりで、最適化します。
あと、ポケモンGOやるなら仕方ないですが、GPSはできるだけOFFにしましょう。
最初はあまり使わなくても1日持たないくらいでしたが、対策後は時計と軽いメッセージング用途ならば数日は持っている気がします。あくまで使わないときの消費電力を抑えているので、使えば見る見る減っていきますが・・・(「ZGPAX S99」をメインで使っているので「FINOW Q1」はSIMなし環境です)


海外通販で購入する場合はこちらicon。GearBestの商品ページです。



↓↓↓活動の支えになりますので、ぜひ広告クリックをお願い致します。↓↓↓


この記事へのコメント

  • at_s1830

    管理人様こんばんは。
    「FINOW Q1」のRAM削減版(1GB→512MB)が、「K1」という型番で出始めています。廉価版のようです。
    ご参考まで。
    2016年09月11日 21:17
  • Yuki

    廉価版も出るんですね。
    Q1人気あるみたいですから納得です。

    メモリ半減で実用度が心配ですが、ポケモンGOとかゲームをやらなきゃ512MBでも十分ですね。

    まだ大手の通販サイトでは商品が載っていませんでしたが(9/12現在)、いくらで出るんでしょうね?「FINOW Q1」自体が$70くらいのセール常連ですから、これよりも安いという事なら、なかなか魅力的かも?

    情報ありがとうございます!
    2016年09月12日 12:24
  • Toshiki

    モンスターストライクはできますか?
    2017年01月27日 18:30
  • たいちょうくん

    はじめして。
    ガジェットレビューを拝読し、購入しました。
    お伺いしたいのですが、スマホとペアリングしての
    メール・LINE等の通知ですが、本文は表示するのですが
    発信者を表示しません・・・。
    誰からのメッセージがわからず、?なんですが
    こういうものなんでしょうか?
    発信者の通知法をご存知でしたら、ご教示いただけると幸いです・・・。
    2017年10月28日 23:17
  • Yuki

    たいちょうくんさん、コメントありがとうございます。

    この手のAndroidスマートウォッチは専用アプリでペアリングして通知を表示させるので、シェル?もしくはアプリ次第となります・・・
    そして現状「FINOW Q1」では発信者の通知が出来ません(泣)
    ZGPAX系とかは出来るのですが・・・

    逆に2000円くらいのAndroidですらない激安スマートウォッチでも、表示可能なものもあります(日本語が使えなくて、発信者名をローマ字にしてやる必要がありますが)

    メーカーの改善を待つしかないのですが、さすがに「FINOW Q1」はこれ以上アップデートはされそうにないです・・・
    2017年10月31日 14:14
  • たいちょうくん

    Yukiさま
    先日はご丁寧なご返答、有難うございます。
    大変恐縮ですが、ご教授頂きたいことがあり、コメントさせていただきました。
    この時計に音声読み上げアプリをダウンロードしたのですが、
    ユーザー補助が、どうしてもONにできません・・・(>_<)
    ユーザー補助のページを表示するのですが
    ONへ何度TRYしてもならないのです・・・。
    商品の性能上、アプリのユーザー補助をONにすることはできないのでしょうか?
    ユーザー補助をONにする方法等、ご存知でしたら
    ご教授頂けると幸いです・・・。
    2017年11月05日 23:27
  • Yuki

    たいちょうくんさん、ご返信ありがとうございます。

    ユーザー補助をオンにするにはrootを取るか、Bluetoothキーボードを繋げてtabとenterで操作すると可能です。
    他にも方法がありますが、Bluetoothキーボードが一番簡単みたいですね。
    2017年11月14日 11:33
  • たいちょうくん

    いろいろとご教授、頂き、深く御礼申し上げます。
    今日はご報告がありまして、コメントさせていただきました。

    いろいろとネットで調べていたら、”m2d”なる接続アプリを知り、
    スマホとこのウオッチに設定してみました。
    すると、LINEやメールの発信先も表示し
    内容も見やすく通知してくれます。
    メーカー推奨アプリよりも、ペアリングも切れにくく
    バッテリーの減りも問題ありません。
    これで、だいぶ、自分の理想の仕様になってきました。

    まずは、このm2dなるアプリのご報告まで。
    このアプリはgoogleストアで無料ダウンロードしました。
    英語の説明で、正直、設定に手こずりました・・・(^^ゞ

    これからもどうぞ、宜しくお願いします。
    2017年12月06日 21:38
  • たいちょうくん

    度々、恐縮です・・・。

    電池容量が大きいOrdro X86を購入しました!
    今、海外からの到着待ちです。
    いろんなサイトで検索しましたが、この
    Ordro X86の記事はなかなか出てこないです・・・。

    デザインが気に入り、カメラ・フラッシュライトが
    装備されてるのも、嬉しいです。
    値段が安い(6000円ほど)なので、
    安物買いのなんとかになりますかね・・・(^^ゞ
    2017年12月06日 23:35
  • Yuki

    たいちょうくん様

    貴重な情報ありがとうございます。
    「m2d」知りませんでした。BluetoothでAndroid同志をつないで通知等を共有させるのですね!面白いアプリがあったんですね。
    スマートウォッチ以外にも、別アカウントのスマホ2台持ちの場合にも役に立ちそうなアプリですね。
    私も試しに使ってみたいと思います!
    2017年12月07日 16:13
  • Yuki

    たいちょうくん様、いつもコメントありがとうございます。

    「Ordro X86」こちらも知りませんでした。
    スペックを見ると、ZGPAX S8に近いスマートウォッチっぽいですけど、かなり安いですね!海外通販でも5500円くらいと思ってたら、日本のAmazonでも6000円で買えるんですね。ライト付きなのも珍しい!この価格帯だと独自OSのBluetoothウォッチが多いのですが、で、きちんとAndroid搭載機みたいですね。

    しかもバッテリーが600mAhというのもなかなか珍しいです。最近のスマートウォッチは300mAhちょいが多いので、ほぼ倍ですね。

    アマゾンのレビューだとアプリの問題?でBluetoothで接続できない云々・・・と書いている人が居ますが、教えていただいた「m2d」なら出来るかもしれませんね。

    届きましたら、簡単で良いので、ぜひ使用感等を教えてくださいませ!
    2017年12月07日 16:27
  • たいちょうくん

    素早いレス、有難うございます。
    こちらにmail欄にアドレスを入力すると、常時表示されるのでしょうか?
    管理人様のみ閲覧可でしたら、私のアドレスを入力したいと思います。

    さてm2dファイルですが、ペアリング後の性能はほぼ満足さんですが
    ペアリングさせるまで、毎回、てこづってしまってるので
    先ほど、開発者さまに問い合わせmailをさせていただいた次第で・・・
    (^^ゞ

    毎回、ご丁寧なご対応に恐縮しております・・・。
    有難うございます。
    2017年12月07日 22:45
  • Yuki

    たいちょうくん様、ご返信ありがとうございます!

    Ordro X86、到着が楽しみですね!
    確かに、ブログにメールアドレスを晒すのは危険かもしれないですね・・・
    もし良かったら、こちらのコメント欄に簡単で結構ですので、使用感等をレポートしていただければ、スマートウォッチの記事にたいちょうくん様のレビューとして追記で載せさせて頂きたいと思うのですが、よろしいでしょうか?

    私は最近、部屋がガジェットだらけになって、家族に怒られながら、取捨選択して購入しているので、なかなか新しいのに手を出せないです・・・(泣)、レポートがあると助かります!
    2017年12月08日 12:09
  • たいちょうくん

    Yukiさま、承知しました。
    実は●マゾンのレビュー、あれ私でして・・・(^^ゞ
    返品まで10日弱使用してたんですが、今までのどのスマートウオッチよりも
    バッテリーのもちが良く、気に入ってたんですよ。
    M2Dアプリをしって、再度注文した次第でして・・・(^^ゞ
    しっかりとした造りで、質感もまずまずでした。
    まだ届いていませんが、またレポを記入させていただきます。
    2017年12月09日 21:51
  • Yuki

    そうだったんですね(笑)

    やはりスマートウォッチは基本的には通知とバッテリーが命ですからね。私も最近、毎日付けていくのは、1か月以上持つMiBand2ばかりです・・・(ちょっとカスタマイズすればアプリ通知もOK)

    900mAhの「DOMINO DM98」もなかなか良かったのですが、重すぎ&大きすぎがネックでした。
    その点、「Ordro X86」は大きさとバッテリー持ちのバランスが良さそうですね。
    それではどうか、レポよろしくお願いいたします!
    2017年12月11日 11:35
  • たいちょうくん

    YUKIさま、こんばんは。
    注文して三週間弱・・・。
    ようやく18日にOrdro X86が届きました!

    さて、先日ご紹介したM2Dをダウンロードし
    スマホとペアリング接続し、使用しております。
    FINOW Q1よりM2Dとの相性が良いようで、通知状況も
    満足いくレベルです。
    液晶パネルのタッチ反応等、Q1よりストレスなくスムーズに反応する印象です。
    一番の優れているのは、バッテリー。
    スマホとペアリングし、wi-FiもON状態で、1日もちます。
    電池の消耗が、今までもっていた6個のスマートウオッチよりも
    長持ちします(#^.^#)
    YUKIさま、ご質問などございましたら、
    またレスでお声掛け下さいませ。
    私の知識でわかることでしたら、確かめてまた
    ご報告します。
    2017年12月20日 23:18
  • たいちょうくん

    YUKIさま、こんばんは。
    注文して三週間弱・・・。
    ようやく18日にOrdro X86が届きました!
    さて、先日ご紹介したM2Dをダウンロードし
    スマホとペアリング接続し、使用しております。
    FINOW Q1よりM2Dとの相性が良いようで、通知状況も
    満足いくレベルです。
    液晶パネルのタッチ反応等、Q1よりストレスなくスムーズに反応する印象です。
    一番の優れているのは、バッテリー。
    スマホとペアリングし、wi-FiもON状態で、1日もちます。
    電池の消耗が、今までもっていた6個のスマートウオッチよりも
    長持ちします(#^.^#)
    YUKIさま、ご質問などございましたら、
    またレスでお声掛け下さいませ。
    私の知識でわかることでしたら、確かめてまた
    ご報告します。
    2017年12月20日 23:21
  • Yuki

    たいちょうくんさん

    レポートありがとうございます!
    Amazonでも海外からの発送で結構時間がかるみたいですね。

    電池持ちが良いのは、スマートウォッチにおいては最も嬉しい所ですね!300mAhの機種はこまめに通信制限して、バッテリー節約を意識して、やっと1日持つレベルなのに、Ordro X86はWiFiオンでも1日持つとは凄いですね。

    肝心の通知も、満足できるレベルで、それに加えてタッチパネルの反応も良いとは、良い事ずくめの機種のようですね。
    Q1も電池持ち以外はなかなか良い機種だと思っていたのですが、それ以上とは恐れ入ります。

    それでいて低価格。侮れない機種ですね!
    後日、まとめ記事の方に紹介を追加させていただきます。

    個人的に知りたいところは、筐体の作りですね。見た感じ金属だと思うのですが、質感や工作精度は高いものでしょうか?
    バンドのゴムはどんな感じでしょう?
    あと気になるのは、Watchfaceやユーザーインターフェースの部分でしょうか。UIを見た感じ、Zgpax S8と似ていますね。スペックや構成を考えて、S8と同じODM機なのかな?と思いました。でも、バッテリー容量はS8の450mAhよりも多いので、ベースにした新型のようですね。

    あと、サイドバーの一番下にメールフォームを設置いたしました(笑)
    それでは、よろしくお願いいたします!
    2017年12月21日 11:44
  • たいちょうくん

    こんばんは。

    個体の質感ですが、ケースは金属性でしっかりしています。
    デザインも気に入っています。
    裏蓋がプラスチックのビス四箇所留め。
    正直、裏のプラスチックのせいか、見かけの割に
    軽いと感じます。
    ケースの大きさはQ1より気持ち大きいです。
    ベルトはラバーで、大きめのケースをしっかり固定します。
    Q1のベルトより気持ち厚みがあり、肌さわりは違和感はありません。
    本日、はじめて位置情報をONにしたのですが、
    電池の減りが早くなりました(^^ゞ
    2017年12月21日 21:16
  • たいちょくん

    追伸です・・・。
    このX86、STK スマートウォッチと酷似してるように思うんですが・・・
    (^^ゞ
    ペアリングしたときに、表示がX86ではなくX01って表示されたんで?と
    思い、Amazonを検索するとケースは異なりますが
    文字盤やアプリの画像が酷似していました。
    スマートウオッチX01で検索されると表示されます。
    2017年12月21日 22:17
  • Yuki

    たいちょくんさん

    返信が遅くなり申し訳ありません。
    現在2018年のスマートウォッチのまとめ記事を更新しておりまして、こちらに たいちょくん様のレポートを転載させていただきました!

    http://gadgetr.seesaa.net/article/2018smartwatch.html

    X86なかなか良さそうな機種なので、紹介させていただきます!
    2018年01月14日 12:46

この記事へのトラックバック