「BREEZ Book W11」 フルHD液晶&アルミ筐体で2万円台!しかも日本語キーボード付きの 2in1 タブレットがコヴィアから販売

BREEZ Book W11.jpg


格安スマートフォンで有名なCOVIA(コヴィア)から、8月5日に発売される2in1 タブレット「BREEZ Book W11 CTB-W1101」の紹介です。

BREEZ Book W11 Pre-01.png


金属筐体好きとしてはアルミボディってだけで買いなんですけど、3万円切りの低価格なのに1920x1080ピクセルのフルHD液晶にゲームにも強いCherry Trail世代の「Atom X5-Z8300」を搭載。
メモリが2GBとストレージが32GBというのはちょっと残念ですが、一般・ビジネス用途なら2GBで十分ですし、ストレージもmicroSDで拡張できるので問題ないでしょう。

しかも、嬉しい事にSurfaceみたいなカバータイプではなく、ノートPC形状に合体できる着脱式の日本語キーボード付き!2 in 1の合体変形PC好きにはたまらない一台です。

デザインはなんか中華で見た事のあるような感じですが、この間シャープの買収で一般的にも知られるようになった「鴻海精密工業」(ガジェット好きにはiPhoneとか各社スマートフォンを製造している所として知られてますね)とのコラボレーションだそうです。
シンプルにロゴだけが入ったアルミ製の天板はなかなか素敵です。タブレット時のサイズは幅302mm×高さ8mmに奥行185mmと薄型。重量も金属筐体で710gと頑張っています。
キーボード装着時のサイズも高さが17mmと結構薄いです。重量は倍くらいの1340gになりますが、いつも持ち歩いている「MacBook Air」の13インチよりも若干軽量となっております。

BREEZ Book W11 Pre-02.jpg


私事ながら先日購入した「EZBook2」がアルミ筐体と宣伝しておきながら、プラスチックだったので悲しい思いをしましたが、「BREEZ Book W11」は正真正銘のアルミ筐体でしょう(さすがにキーボードはプラスチックだと思われますが・・・)。
ちなみにキーボード付きでこの低価格というのはかなり凄い事で、激安で有名な中華の 2 in 1 タブレットの場合、ほとんどが別売りです(しかもキーボードが結構高い・・・)し、国内だとキーボード付き10インチクラスのモデルだと安くても初出の価格は5万近くするのが普通です。
前に紹介したBungBungameの「Photon 2」も値下げ前の価格は39900円+キーボードが別売りで5000円でした。

[7/21追記]
本体の成形について質問したところ「本体でアルミニウムが使用されている箇所はタブレットの裏面(背面)とキーボード天面(キーが配列されている面)」とのご回答をコヴィア様からいただきました。誠にありがとうございます。
キーボード部分にもアルミが使われているんですね!これは金属筐体好きには嬉しい情報です。


【製品仕様】
OS : Windows 10 Home 64bit
プロセッサ: インテル® Atom X5-Z8300
メモリ : 2GB DDR3L
記憶装置 : 32GB eMMC
画面 : 11.6インチ フルHD IPS液晶 1920×1080
タッチパネル : 静電容量式タッチパネル (10点マルチタッチ対応)
カメラ : メイン200万画素/フロント200万画素
サイズ : 710g 30.2cm x 18.5cm x 0.8cm
(キーボード装着時) : 1340g 30.2cm x 19.3cm x 1.7cm
カードスロット : microSD カード×1(SDXC 128GBまで対応)
無線LAN : IEEE802.11 b/g/n 準拠 (2.4GHz帯)
Bluetooth : Bluetooth 4.0 Smart Ready
USB・給電ポート : Micro USB 3.0 for OTG ×1、Micro USB 2.0 ×1
ヘッドフォン端子 : 3.5mmヘッドフォン端子(CTIA) ×1
スピーカー : 1W x 2
マイク : 内蔵
キーボード : 着脱式日本語キーボード
電池 : 内蔵リチウムイオンポリマーバッテリー 駆動時間 約7.6時間


CPUはCherryTrail世代のAtomなので、先日レビューした「EZBook2」みたいに「DARK SOULS」なんかも結構余裕で動くと思われます(DSfix未使用で)し、OfficeやAndroidエミュレータなんかも軽々動くでしょう。
デザイン・質感も良さげだし、USB 3.0、USB 2.0、Micro HDMIといったインターフェイスも充実しているし、コストパフォーマンスも高い。まさに死角無しの 2 in 1 タブレットだと思います。
さらに言うと中華ガジェットと違って国内で買える・国内サポート付きってのが安心ですね。


公式のショッピングサイトはこちら。YahooIDをお持ちの場合はポイントが貯まります!



手軽に購入するならAmazonもおすすめ。

この記事へのコメント

  • winタブ欲しい

    端子は一通り揃ってる、シンプルデザイン、何より価格が魅力的…ですが
    タッチパネル機でキーボード側重量が軽いのは致命的なのでは
    2016年08月01日 15:46
  • Yuki

    コメントありがとうございます!すみませんSeesaaブログの使い方が分かってなくて、返信が遅れてしまいました・・・。
    確かに液晶部分が重くて、重量バランスが悪いことは2 in 1機種では多々ありますよね・・・私の場合、合体時はできるだけマウス&キーボードで使って欲しいというのがメーカー側の希望かな?と思って、その点は妥協しております(笑)

    >winタブ欲しいさん
    >
    >端子は一通り揃ってる、シンプルデザイン、何より価格が魅力的…ですが
    >タッチパネル機でキーボード側重量が軽いのは致命的なのでは
    2016年08月25日 17:45

この記事へのトラックバック