「Alfawise Tab」7.9インチ2048x1536ピクセルの液晶に金属筐体の久しぶりのiPadクローン!格安なのに性能はmini4並 提供レビュー

Alfawise Tab-03.jpg


「Alfawise Tab」はセットトップボックス(TV Box)で有名なAlfawiseからリリースされたタブレットで、7.9インチの液晶に2048x1536ピクセルという、俗に言うレティナディスプレイを搭載し、SoCにはミドルレンジのMTK8173に、メモリ4GB・ストレージ64GBという必要十分なスペックを搭載した、質感の高い金属筐体のタブレットです。

本読みに適した4:3比率の高解像度液晶



先日購入して家族が本読み用に使っている「dtab Compact D-01J」はスペックも上々で、満足の一台なのですが、さすがにマンガや週刊誌を読むと上下に黒帯が入ってしまいます。やはりiPadのサイズ・比率がベストなのですが、NAS上のファイルの閲覧に向いていなかったり、寝ながら本を読むのに最適なminiシリーズは新型がリリースされていません・・・今回の「Alfawise Tab」はGearBest提供レビューなのですが、iPad miniサイズで、解像度も一緒。スペックもiPad mini4に近いのに、価格は数分の一という高コストパフォーマンスな一台です。

Alfawise Tab-02.jpg


ちなみに「Alfawise Tab」では「Xiaomi Mi Pad 3」とスペック等の比較をメインに載せていますが、どちらにしても、iPadクローンですよね・・・(笑)


ディスプレイ・解像度7.9インチ / 2048x1536ピクセル
CPUMTK8173
RAM4GB
ストレージ64GB
OSAndroid 6.0
無線LAN802.11a/b/g/n
BluetoothVersion 4.1
バッテリー6,200mAh
カメラメイン8MP/フロント5MP



▼ 画像クリックでGearBestの詳細詳細ページにジャンプします。
Alfawise Tab.jpg


開封レポート



いたって普通の箱です。
でも、「Alfawise Tab」用にきちんとデザインされているのが好印象。

Alfawise Tab-01.jpg


付属品はACアダプタ(海外用)、USB Type-Cケーブル、簡易説明書です。

Alfawise Tab-02.jpg


正面です。Android用のナビゲーションの印字がなければ、iPadに見えますね・・・

Alfawise Tab-04.jpg


下部です。Lightningコネクタではなく、USB-Type Cポートです。

Alfawise Tab-05.jpg


液晶面向かって右側にはボリュームキー。

Alfawise Tab-06.jpg


上部にはオーディオジャックと電源ボタン。

Alfawise Tab-07.jpg


液晶面向かって左側には何もありません。

Alfawise Tab-08.jpg


背面です。アルミの質感はなかなか良いです。
今のところ色はゴールド一色のようですね。

Alfawise Tab-09.jpg


スピーカーの音はなかなか悪くないです。
中華タブレットのなかではかなり上位の方ではないでしょうか?
しかも、きちんとステレオになっていますね。

Alfawise Tab-10.jpg


カメラはおまけ程度のモノですけど、あると嬉しい。

Alfawise Tab-11.jpg


カメラやボタン類の配置もiPadライクですね。

Alfawise Tab-12.jpg


オーディオジャックも同じような配置です。

Alfawise Tab-13.jpg



iPad miniと並べてみる



実際にiPad miniと並べてみると、若干サイズ感が違いますね。
昔のクローンはサイズまで一緒で、液晶保護シートやケースも流用できましたが「Alfawise Tab」はどうでしょう?

Alfawise Tab-14.jpg


横幅はほぼ一緒なのですが、長辺は「Alfawise Tab」の方が長いですね・・・ケースは使いまわせなそう・・・今回は液晶保護シート貼り付けサービスは無しだったので、せめて液晶保護シートは貼りたいところ。

Alfawise Tab-15.jpg


厚さも若干違います。

Alfawise Tab-16.jpg


iPad mini用の液晶保護シートを無理やり貼ってみたところ。
長さが足りないので、全体には貼られていませんが、悪くないかな?数ミリ足りない程度でした。
ケースはiPad専用タイプは無理なので、汎用タイプのものを買う必要がありますね。

Alfawise Tab-17.jpg








起動レポート



さっそく電源オン。
初期設定画面は他のAndroid端末と一緒なので割愛。

Alfawise-Tab-Screen01.jpg


こちらが初期状態のホーム画面です。
Android標準のままですね。

Alfawise-Tab-Screen02.jpg


メニューにも特にカスタマイズが入っている様子は無し。

Alfawise-Tab-Screen03.jpg


初期アプリはこれで全部。基本的な物しか入っていません。

Alfawise-Tab-Screen04.jpg


ついでなので、iPad風にするホームを入れてみました。

Alfawise-Tab-Screen06.jpg


使いにくいので、結局元に戻しました・・・(笑)


使用レポート



起動後に色々試しているのですが、先ほどのiPad miniと比べても非常にサクサクです。
とりあえずでベンチマークテストを行ってみます。

結果は「69584」でした。結構良い数値ですね。
iPad mini4で8万、先ほどのiPad mini2で3万くらいですので、mini4に迫る勢いですね。
どうりでサクサクなわけです・・・

このくらいの性能なら最近のゲームでも十分動きますし、ビジネス用途や普通の作業ならストレスフリーでこなすことが出来ると思います。

Alfawise-Tab-Screen05.jpg


ゲームを適当に動かしてみました。

Alfawise-Tab-Screen07.jpg


なぜか、いくつかのアプリで解像度が低く設定されてしまいますね・・・

Alfawise-Tab-Screen08.jpg


こちらも低解像度になってしまいました。

Alfawise-Tab-Screen09.jpg


動作はどれもサクサクです。

Alfawise-Tab-Screen10.jpg


この画面比率はマンガアプリには最適です。

Alfawise-Tab-Screen11.jpg



まとめ



サイズ感やスペックなどiPad miniにかなり近いのに、価格はその1/3程度で購入できるという、驚異の高コストパフォーマンスのタブレット。
なるべく低価格に本読みに適したタブレットが欲しい方や、iOSにはPerfect Viewerみたいな神アプリが無いから、4:3比率のAndroid機が欲しいと思っている方にオススメです。


▼ 画像クリックでGearBestの詳細詳細ページにジャンプします。
(2/12までクーポン「Alfawisetab01」の入力で$159.99という激安で購入できます)
Alfawise Tab.jpg

この記事へのコメント